お店からのお知らせ

ひまわりくんのた・の・し・い・よ・り・み・ち♦♫♦

今回は文京区大塚3 『湯立坂』付近をご紹介♪

地下鉄茗荷谷駅前正面左、交番横を下りると湯立坂が見える。由来は里人の説として。昔坂下に千川があり、氷川(現 簸川)神社に渡ることが出来なかったので、氏子は川手前で湯花を捧げたからと。湯立ちは、親善に大釜を据えて湯を沸かし、巫女が笹・幣串を湯に浸し、自身や周囲に振りかける儀式。今日ではお祓いの要素が大きいが、古代は禊の要素大。占トとしても重要視され、平安時代には宮中行事の一環だった。なんとも風流な名称。近くには万治2年(1746年)松平頼元が上屋敷を構えた庭園の名残、占春園がある。江戸の三名園(青山の池田邸、溜池の黒田邸)の一つで、時鳥の名所でも名を馳せた。明治に東京高等師範学校地(現 筑波大学)の一部となり、現在は筑波大学附属小学校の自然観測場になっていて、一般にも開放。園内には柔道家 嘉納治五郎の像もあり、彼を敬愛した随筆家 幸田文は、周囲に小鳥が集まることを願い、実のなる木々を植樹したといわれている (゚∀゚ )

湯立坂占春園近く、窪町東公園脇に去年9月にオープンした和食カフェ『ALL DAY HOME 茗荷谷店』がある。通りから見えるレンガの壁面には一際大きな看板。迷うことなく導いてくれる。「家族に優しいカフェ、もう一つのお家をめざして。」をコンセプトに掲げ運営しているHugEntranceの新店舗。和食を中心としたメニューは、安心して食する事に重きを置き、野菜はできる限り有機の物を、出汁は煮干・昆布・鰹節をブレンドしてとっている。「昔、お婆ちゃんやお母さんが家族のために作っていた味を目指したくて。」と話す小泉店長は、毎朝一番に糠床を混ぜることから仕事が始まる。ランチは4種の金額形態(¥1100¥1080¥900¥890各+税)。小さなお子様連れにも安心して食事が出来るようお子様メニューには離乳食(5or7ヶ月用)の用意も。店内には小上がりもあり、周りをあまり気にすることなく家族で食事が出来るのは有難い。お勧めはから揚げ定食。佐賀県産ふもと赤鶏の唐揚げはボリューム満点。野菜たっぷりの味噌汁は、出汁との相性も良く滋味深い。どのメニューをとっても、ふんだんに野菜が使われているので、ナイトタイムには健康を気遣うサラリーマンも多いとか。夜はアルコールの種類も多く、気軽にヘルスケアをしながら寛げそう☆店舗休憩が無い為、時間でランチ、カフェ、ナイトタイムと区切られてはいるが、それぞれ違う趣のカフェスタイルを楽しむことが出来るのも、また一興 (´∀`*)

《ALL DAY HOME 茗荷谷店》

文京区大塚3-35-1

☎ 03-6902-9757

営業時間 ランチ 11:30~14:30LO  カフェ 14:30~17:30

ナイトタイム 17:30~21:00 LO20:30

不定休 ※2016年1月現在

HP http://skip-kids.co.jp

 

゜・*:.。. .。.:*・ ひまわりくんよりご挨拶  m (_  _) m ・*:.。. .。.:*・ ゜

お楽しみいただいておりました「ひまわりクラブ」は今月号をもって終了となりました。また、2015/7/15Vol.96より掲載の「ひまわりくんのた・の・し・い・よ・り・み・ち」も今回が最終となります。今までいろんな方々からお心遣いの言葉やお褒めの言葉、エールを沢山頂戴し、感謝の言葉もございません。尚、過去バックナンバーにつきましては、弊社HPに掲載されておりますのでお楽しみください。

本当にありがとうございました ゚ (゚ ´ Д ` ゚) ゚y




  • 【随時更新】ひまわり君の道案内
  • 神楽坂・大塚・目白エリアの店舗や企業を紹介するフリーペーパー KOM Town
  • 朝日新聞DIGITAL
  • 朝日新聞社
  • 朝日学生新聞
  • 【随時受付中】休読お申し込み
  • ひまわりクラブ チケット・プレゼントお申し込み
ページトップへ